2015年 E3にて発表されたFF7 REMAKE。

これまでの作品ではある程度の変更やムービーが追加されたHD版やスマホ移植、リメイクとは言いつつ大きな変更点は無かったFFシリーズでしたが、FF7リメイクはいわゆるフルリメイクです。

フルリメイクの場合は元々のゲームエンジンから全ての部分を作り直すことになります。

対応ハードは現在のところPS4とされていますが、これにより元々のFF7とは全く別次元のゲームになることが期待されています。

1

*画像はリメイクで発表されたクラウド*

これまでのエンカウント方式だった戦闘などにも大幅な変更点が加えられる可能性が高く、全世界のFFファンから注目されています。

ずばりFF7リメイクはいつ発売されるのか?

FF7REMAKEの発表がなされたのは前述したように2015年のE3でした。

この発表段階ではまだ、簡単なデモ映像だけでした。

FF7のリメイク作業はストーリーにまで及ぶかどうか不明ですが、そもそも元のFF7から使えるデータが一切ありません。

フルリメイクで、さらにハードも大きく変化した現在では当時のデータが流用出来ません。

キャラクターデザインに関しては、アドベントチルドレンが非常にイメージに近いと思います。

しかし、映像作品とは違ってゲームでリメイクするには非常に時間がかかります。

例えばですが、最新ナンバリング作であるFF15はヴェルサスから紆余曲折を経ましたが結果的に本格的な開発からおよそ3年かかっていると言われています。

FF7はある程度シナリオが決まっていると言っても、UIなどゲームの構造自体を1から作り直すと考えれば相当な時間が掛かる可能性もあります。

おそらくは早くとも2019年頃になるのではないでしょうか?

FF7 リメイクの映像

YOUTUBEでスクウェア・エニックスが正式に公開しているリメイクの映像を紹介します。

若干バレットの身体付きが締まってますw

この映像ではマップを歩くクラウドなども映っていますが、この動きが明らかにFF15とそっくりです。

★細い壁の間を通る部分やしゃがんで進んでいく様子など

この辺りを鑑みると、戦闘システムなどはアクション性の高いFF15のような仕様になる可能性が非常に高いと思います。

これらはムービーではなく、リアルタイムでAIを動かす必要があり、一般的にはおそらく難しい部類の調整が必要です(FF15では初日に9Gバイトものアップデートパッチが存在しています)

あまり日本では高評価を得られなかったFF15ですが、この辺りの経験を活かして開発チームが頑張ればいわゆる”約束された神ゲー”が誕生するのではないかと思いますw

ただし、FF15の尻切れトンボのような微妙な作り込みではなく、元々ある名作を余すこと無く最新技術で復活させて欲しいですね。

追加要素は嬉しいですが、変な改編だけはやらないで欲しいところですw

FF7リメイクに海外が熱狂する

E3では日本のゲームショウとは違って海外の人が先に発表を見ます。

元々、E3で最初に発表された企画なので最初に知ったのは海外のファンということになりますが、海外のファンはこういったイベントでは非常に素直な表現で喜びますw

当時の会場の様子がこちらの動画・・・

海外勢は大熱狂ですww

もちろん日本での期待の声も大きい作品ですから、これから先少しずつ発表されるであろうFF7リメイクの情報には目が離せませんね^^;

全FFシリーズで最も売れた=世界を熱狂させたFFの看板はこのFF7リメイクにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

元々、海外に向けて作ったようなところもあるFF7なので

往年の海外FFファンは今でもFF7を最高の作品だという方が多いです。

逆に、日本から外に出て残念な作品になったり、某メタルギアのようにゴタゴタがあると外国人はこれまた素直に怒りを露わにすることが多いです。

FFはもはや日本だけの作品ではありません。

正確に言えば、今のゲームを開発するのであれば世界で売れるゲームにしないと採算をとるのが難しいそうです(特にFFのようなグラフィックなどに力を入れる作品)

色々と開発に関しては沢山も問題などがあるとは思いますが、FF7のリメイクと聞いてしまうと否が応でも期待感が膨らんでしまいます。

個人的に10年待ったFF15に関しては若干失敗のイメージを持ってます。ものすごく良い素材で作った継ぎ接ぎの服のようなイメージでした。

っとなると、残る希望(現時点では)となるのはFF7リメイクです。

スクウェア・エニックスの本気を見せてもらえる日を期待して待ちましょう^^;